「シェールガスの父」が不可解な事故で急死、 低迷が続く原油相場へ与える影響とは?

写真拡大

<今回のポイント>
1.「シェールの父」オーブリー・マクレンダンが不慮の死を遂げた
2.マクレンダンはシェール開発を通じてアメリカに貢献
3.シェールが成功し過ぎたことが彼の誤算
4.ライブドア事件のように一罰百戒を狙った?
5.倒産、廃業、身売りなどのニュースは相場の転換点に出やすい

アメリカを世界最大の産油国に押し上げた
「シェールの父」が交通事故で急死

 先週、元チェサピーク・エナジーのCEO、オーブリー・マクレンダンが交通事故で他界しました。

 マクレンダンは、自分の信じる事に全財産を賭ける、「相場師」的な起業家でした。

 余りにも強気経営に徹し過ぎたことで、自分が興したチェサピーク・エナジーを、2度も倒産寸前に追い込みました。

 だから経営者としての評価は、真二つに分かれています。

 しかし彼が米国のシェール開発に並々ならぬ貢献をしたという点は、誰もが一致して認めるところです。

 その結果、アメリカは世界最大の産油国になりました。

 米国(青)の原油生産は2008年まで年々減少していたのですが、シェール・オイルの生産が軌道に乗り始めた2009年以降は急速に生産高が伸びていることがわかります。

今ある技術で誰も考えないコトを成し遂げ、
消費者、地球温暖化抑制などに恩恵をもたらした

 シェール・ガスならびにシェール・オイルがふんだんに生産されるようになったため、米国の天然ガス価格や原油価格は下落し、消費者が恩恵をこうむりました。

 また米国の発電所が次々に石炭からクリーンな天然ガスに切り替えたことで、シェール革命は地球温暖化現象を抑制する面でも大いに貢献しました。

 マクレンダンは、シェール開発の際に援用される、水平掘りや破砕法などの技術を発明した人ではありません。それらの技術は、昔からあったのです。

 でもそれらの技術を上手く活用することで、これまでは絶対に無理だと考えられていた地中奥深くの岩石層に閉じ込められた、天然ガスや原油を効率的に生産することが出来ると彼は信じました。

 つまり今あるテクノロジーで、皆が考えもしなかったデカいことをやる……その想像力、ないしはビジョン(展望)が彼にはあったのです。そのためには粘り強く試行錯誤を続け、けっして諦めなかったことも、人々を感嘆させました。

天然ガスと原油価格の低迷のさなか、
米司法省に起訴された翌日に不可解な交通事故で急死

 マクレンダンはシェール開発が技術的に可能であり、十分な経済的合理性を持っていると主張しました。彼の主張が正しい事は、その後の米国における生産高の急増が証明しています。

 しかし……ある意味、彼は「正し過ぎた」のです。

 つまりシェールが成功し過ぎたため、続々と新規参入者が現れ、天然ガスや原油がじゃぶじゃぶに余ってしまったのです。これはマクレンダンにとって「想定外」だったと思います。

 彼はチェサピーク・エナジーを去った後でもシェールの鉱物権を買い漁り、リベンジを期していました。

 しかし余りにも天然ガスならびに原油価格が低迷したので、生産を始められなかったのです

 そこで待機している間に、折角、買い集めた鉱物権の権利が離散してしまわないように、あの手この手でポジションをキープすることに腐心しました。そのやり方が司法省からとがめられ、先週、シャーマン反トラスト法違反の疑いで、起訴されたのです。

 ある意味、あの手この手でやりくりしているのはマクレンダンだけでなく、事情は他の業者でも同じです。だからマクレンダンの起訴はライブドア事件のような「一罰百戒」を狙った意図が見え隠れします。

 実際、起訴された日、マクレンダンは「なぜ自分だけが……」と起訴の恣意性を嘆くコメントをしています。今回の起訴で震え上がった経営者は、他にも多かったと思います。

 シャーマン反トラスト法は、とてもパワフルな法律で、長くて莫大な費用のかかる裁判が予想されますし、マクレンダンが勝訴する可能性は小さいでしょう。

 マクレンダンから鉱物権を取り上げるということは、例えて言えばツール・ド・フランスに出場を目指していた自転車選手がドーピングで永久追放されるような、絶望的なことです。

 マクレンダンが起訴された翌朝、彼はオクラホマ州の郊外の一本道を走っていて、立体交差にさしかかった時、舗道から大きく逸脱し、その橋げたに猛スピードで突っ込みました。

 まだ事故の正式な原因は断定されていませんが、オクラホマ警察は、突っ込む前にシートベルトをわざと外した事、舗道を外れ路肩の原っぱに入っても未だ軌道修正できたはずだったこと、ブレーキを踏んだ形跡がないこと、などを指摘しています。つまり自殺の可能性が強いわけです。

「シェールの父」の死はサウジアラビアの
対シェール業者への作戦の結果が表れた一事

 さて、相場の観点からは、倒産、廃業、身売りなどのニュースは大底に出やすいです。その意味では今回の「シェールの父」の不慮の死も、きわめて象徴的な出来事だと言えます。

 2月22日の本コラム(株価の行方を左右する原油価格は今後どう動く?)で書いたように、シェール企業の生産コストはどんどん下がっていますし、相次ぐ公募増資でそれらの企業は長期戦に備えています。その一方でサウジアラビアは増産の手を緩める様子を見せていません。

 これらの事から、現在の低い原油価格が、長期に渡って続くという条件は基本的に変わっていないと思います。

 しかしマクレンダンの死は、「米国のシェール業者を、徹底的に追い詰める」というサウジアラビアの作戦が具体的な結果として現れたのだと言う風に解釈することもできます。

 もしそうであれば、シェール業者とサウジとの間の死闘は、クライマックスに近づいていると言えます。