台湾南部地震  日本の大学生が40万円を寄付  大震災の「恩返し」

写真拡大

(台北 11日 中央社)山口大学国際総合科学部の学生約20人が11日、立法院(国会)を訪れ、先月上旬に起きた台湾南部地震に対する義援金40万円を蔡其昌・立法院副院長(国会副議長)に手渡した。

義援金は11日で5年を迎えた東日本大震災に対する台湾からの支援に恩返しをしようと、学生らが街頭募金を行い集めたもの。これに対し、蔡氏は台日の若い世代の友情の継続と深化にとって大きな意義を持つ行為だと絶賛した。

蔡氏が同日自身のフェイスブックに投稿した寄付に関する文章には、「ありがとう日本」「日本人は情と義に厚い」「力を合わせられる国こそ付き合うに値する」といったコメントが寄せられている。

(曽盈瑜/編集:杉野浩司)