さらば、ぼくらが愛したFlickr

写真拡大

写真共有サーヴィス「Flickr」が大幅なプロダクト刷新を図ったのは、ほんの1年前のことだった。そのとき優れたアップロードツールと大容量ストレージを無料で解放した彼らは、いまになって再び有料化という門を築くことにしたようだ。

「さらば、ぼくらが愛したFlickr」の写真・リンク付きの記事はこちら

かつて、世に「Flickr」と並ぶものはなかった。写真を撮影し、編集し、共有したいと思う人にとって、それはネット上の同志たちが集う最高かつ最強のコミュニティーだった。

しかしいま、それはまったく変わってしまった。写真愛好家にしてみれば、「500px」と「SmugMug」の2つのみが、写真について深く建設的な議論を重ねられる場所だ。そしていま、「Instagram」が、かつてFlickrがそうであった“写真のためのスペース”として、ある。

Instagramが機能を強化し「Google Photos」が追随したとき、Flickrはわずかながらもリブランドを試みた。

彼らは、PCや外部デヴァイス、SDカードの写真をすべて取り込み、ひとつにまとめられる自動アップローダーツールをリリースした。1,000GBの無料ストレージを全ユーザーに提供した。約1年前のことだ。Flickrの検索エンジンは優れているし、刷新されたインターフェイスも素晴らしく、Flickrはすべて人のすべての写真を恒久的に保存するスペースとして生き返ったかのように思われた。

しかし、3月9日(現地時間)になって、その最高のツールは再び有料ユーザーのみを対象とすると、Flickrが発表した。Flickrは死んだと言うべきだ。終わった。死んだ。ヤフーは、よりクリエイティヴであるべく投資しようとして年間35ドルを喜んで支払うわずかな人々を求めて、その写真サーヴィスを終わらせたのだ。

Flickr “Pro”は、いいサーヴィスなのだろう。一部の利用頻度の高い写真家にとってすれば、値段相応の価値があるのかもしれない。しかし、大部分の人にとってはGoogle Photosか、「Facebook」「OneDrive」「Dropbox」、あるいはその他の、インターネット上に(無料で)写真を自動でバックアップしてくれるサーヴィスで十分だ。

これからFlickrはニッチな製品、つまり、“写真家”専用のソーシャルネットワークになる。残されたわれわれはただ、Google Photosに移るのみだ。

TAG

FlickrRecommendSocial MediaWIRED US