社畜救済アイテムと話題の「シュンケル」摂取してみた

写真拡大

シュークリームとユンケルを一緒に摂取すると集中力が向上する上、徹夜でがんがん働けるという、その名も「シュンケル」が話題になっていました。

【関連:仙台の飲食店・斎太郎の『痛風鍋』が話題 見た目強烈すぎ】

話題の発端はマンガ家のきりつきさん。きりつきさんは、comicリュエル(実業之日本社)やニコニコ静画で連載中の、デザイン事務所を舞台にした社畜コメディ『地獄のデザイナーさん』の作者として知られています。作品に絡め「社畜救済アイテム」としてこの「シュンケル」を紹介したところ2万を超えRTされるほど注目を集めました。

(社畜救済アイテムと話題の「シュンケル」の手引き)

(社畜救済アイテムと話題の「シュンケル」の手引き)

本作でも主人公で編集者の鳥ちゃんが栄養ドリンクを飲んでいたり甘いものを食べていたりしますが、実際徹夜しなければならないときはシュークリームとユンケルを同時摂取し集中力を一時的に「すさまじく」向上させてバーストをかけるんだそうです。ちなみに、きりつきさんにとっての単行本デビュー作『地獄のデザイナーさん』1巻は実業之日本社から3月18日に絶賛発売されます。

(3月18日発売の『地獄のデザイナーさん』)

(3月18日発売の『地獄のデザイナーさん』)

そのシュンケルですが、即効で集中力を高めると同時に「強靭な体力と引き換えにキャパオーバーした精神力を使う」とのことで、効力が切れた瞬間電池が切れたように眠ってしまうそうです。「次の日の予定管理にはくれぐれも注意してください」とも促されています。

(用法・用量を守って正しくお使い下さい。)

(用法・用量を守って正しくお使い下さい。)

というわけで徹夜はしてないけどとにかく朝が弱くて午前はほとんど仕事にならない筆者がシュンケルを試してみたところ、まず眠気がふっとんでパキっとなった上に仕事でしなくちゃいけない頭の中の整理整頓がスムーズに滞りなく行われるようになりました。おお、これはすごい!!

(「シュンケル」やってみた。)

(「シュンケル」やってみた。)

シュークリームの糖分は1つにつき約22gで、WHOによると成人の遊離糖類の摂取目標は1日約25g。なので1日の摂取目標とされる量の糖と、ユンケルに含まれている糖を脳に送るために必要なビタミンB1、さらに無水カフェインの覚醒作用で奇跡の効力を生み出したのだと考えられます。

「即効性があるので徹夜のお供にお試しください!」とのことなので、今日寝ちゃったら締切間に合わない……とお困りの方はぜひ試してみてくださいね!ただし次の予定が無い時に限る!

※初出時、一部「畜」の字を「蓄」と誤って掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。

(文:大路実歩子)