イーロン・マスクが構想する「どこでもクルマが迎えに来る」未来

写真拡大

テスラが、車外にいながら車を駐車スペースに出し入れできる機能「Summon」をファームウェア・アップデートで追加した。同社は、どこにいてもクルマを自動で呼び出せられる世界を構想しており、それにつながる技術だ。

Watch this on The Scene.

テスラは、2016年1月に実施したワイヤレスアップデートで、クルマが自ら駐車スペースに出入りできる機能を追加した。誰もステアリングを握っている必要がないばかりか、クルマに乗っていなくてもかまわない。

「イーロン・マスクが構想する「どこでもクルマが迎えに来る」未来」の写真・リンク付きの記事はこちら

Summon」と呼ばれるこの機能は、自社の電気自動車を自律走行車にするというテスラの目標(日本語版記事)の実現に欠かせない技術だ。

Summonでは、キーを使うか、スマートフォンやスマートウォッチのアプリを使って、テスラのクルマを前後にゆっくり移動させることができる。これは、とても狭いスペースにクルマを出し入れするのに便利な機能だ。

走行車線がはっきりと印されている道ならどこでも自律的に走行(日本語版記事)できる自動運転機能(ただし、信号を認識しないため、高速道路でしか利用できない)と比べれば、一見時代遅れかもしれない。だが、自律走行車の世界に目を向けるイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)にとって、Summonは同じくらい重要な要素なのだ。

自律走行は、われわれがクルマの運転中に取る行動を変えるだけではない。経済的かつ現実的な意味で、われわれのクルマとの関わり方を変化させるだろう。たとえば、自律走行車に誰も乗っていないときに何が起こるのか、自律走行車をどこに走らせるのか、自律走行車は近くの手頃な駐車スペースに停まるのか、それとも特別な場所に停まるのか、自律走行車は人を再び乗せる時間をどうやって知るのか、自律走行車は自分が乗せる人をどうやって見つけるのか、といった問題が考えられる。

このような問題を、Summonは解決しようとしている。単なる隠し芸的な機能ではなく、総合的なヴィジョンがあるのだ。たとえばテスラは、クルマに自動で充電を行う充電アームの開発に取り組んでおり(記事下動画)、これが完成すれば、クルマがガレージに入っているときの充電は機械にお任せでよくなる。

また、マスクCEOによれば、これから2年以内に、Summonのおかげで米国中のどこにいてもテスラの自律走行車を呼び出せるようになるという。クルマが自分でたどり着ける場所にいる限り、「最終的には、どこからでも自分のクルマを呼び出す(summon)ことができるようになる」と、マスク氏は1月に述べている。

人工知能を搭載して人間と会話できるクルマ「ナイト2000」と共に主人公が活躍するドラマ『ナイトライダー』の世界が日常にやってくるのだ。

TAG

Self DrivingTeslaVideoWIRED US