撮影:八木澤芳彦

写真拡大

ベネッセの“こどもちゃれんじ”でおなじみのキャラクター・しまじろうの映画が3月11日に公開。

やなせたかし先生の答えもどこか深すぎる。「アンパンマン」の気になる謎

「劇場版しまじろうのわお!『しまじろうと えほんのくに』」は、不思議な絵本の中に吸い込まれてしまったしまじろうとその友達が、大冒険をするお話です。

この映画の魅力はなんといっても、赤ちゃんや小さな子どものための特別なつくりになっていること。

映画の冒頭では、「おともだちが泣いてもきにしない」といった注意があり、上映中も完全な暗闇にならない配慮がされ、途中の30分でトイレにも行ける休憩時間が入ります。

さらに、映画中には、しまじろうたちと一緒に大声で呼びかけたり、映画館でもらえる入場者プレゼントの「ガオガオメガホン」を振って応援したりして、観客も参加して楽しめる映画になっています。

今回、映画の応援隊長として完成披露上映イベントに駆けつけたタレントの山口もえさんに、“ママ代表”として、映画の見どころから子育てのお話までを聞いてみました。

映画も絵本も家族で楽しむ! もえさんの子どもたちお気に入りの絵本は?

――もえさんがご家族で映画館に行くことはありますか?

今年のお正月には、家族4人で映画を見に行きました。この映画の試写会も子どもたちと一緒に見ましたが、4歳の弟も画面に向かって一生懸命メガホンを振っていました。

――今回の映画は「えほん」がひとつのキーワードになっていますが、もえさんご自身も絵本をお子さんに読み聞かせをされていますか?

はい、絵本は本当にどんどんたまっていってしまいますね。私は図書館も好きなので、図書館に借りに行ったり、特に気に入ったものは後で買ったりしています。

子どもは想像力が無限なので、絵本を読んだあとは絵本の世界を舞台に自分で物語を作ったりしますね。そして絵本の記憶は鮮明に覚えています。だから、子どもに絵本を読ませることはとても大切なんだなと思います。

――どんなシーンで絵本を読まれていますか?

やはり寝る前が多いですね。あとはお休みの日に図書館に行って、そこで読んだりもします。

――おうちで繰り返し読むお気に入りの本はありますか?

ありますね。1冊は『ちょっとだけ』という本です。
兄弟が生まれてお姉さんになる女の子のお話で、お母さんは赤ちゃんのお世話でいっぱいだから、なかなか自分からは、だっこしてほしいけど言えない……。それは下の子がおなかにいる時に、上の子がお姉ちゃんになる準備として見つけた絵本だったんですが、今でも子どもたちは大好きです。

あとは『くまのこうちょうせんせい』ですね。
いつもは小さな声でしか挨拶ができなかった子が、くまの校長先生が倒れてしまったので、大きな声で助けを呼ぶお話です。子どもが成長していくお話ですが、これも何度も読んでいます。

――もえさんが子どもの時に好きだったのは、どんな絵本でしたか。

私は『ぐりとぐら』はずっと読んでいました。あと『ノンタン』シリーズも好きでした! 今、懐かしいなと思いながら、子どもに読んでいます。

たくさんほめて、ママの“笑顔”のパワーを

――もえさんは野菜ソムリエの資格もお持ちですが、お子さんと一緒にお料理をされたりしますか?

一緒にもやりますが、最近は長女がひとりでサンドイッチを作ってくれました。あとは『ぐりとぐら』に出てきたお菓子を作りたいといって作ってみたり。

ちょっとしたきっかけから、子どもは発想したり行動にうつしたりするので、テレビからヒントを得て、お料理を作ったりします。私は子どもが何かしたいと言ったことは、できるだけさせてあげたいなと思います。

――世のお母さんは、「子どもにお手伝いしてほしいけれど、時間がなくてつい自分でやってしまう」という悩みもあるようです。上手にお手伝いしてもらうコツはないでしょうか。

そうですねぇ。我が家もうまくいってないですよ(笑)。特に片付けはなかなか大変です。
でも、ほめるのはとっても効果があると思います。だから、ちょっとでお片付けが上手にできたらほめます。

最近は子どもだけでゴミ捨てに行ってくれたり、お風呂そうじをしてくれたりするようになりました。下の弟も、お風呂そうじのあとにお風呂に入って「すごいね!」と言うと、その次も楽しんでやってくれる。お料理も「ああ、おいしいね、おいしいね」って言うと、意欲がわくみたいで頑張ってくれます。

――ちょっとおおげさぐらいにほめてもいいんですね。

子どもを見ていて思うのは、私たちが思っている以上に、お母さんの喜ぶ顔は子どもにとって大事なんだなと。

ある時、息子に怒ったら、怒られたことに泣くんじゃなくて、「あのママが怒ってる〜」つて、怒った私に対して泣いたんです。その姿を見て、かわいさに思わず笑ってしまいました。そうしたら息子が笑顔に戻ったので、子どもにとってお母さんの笑顔は、何物にも代えがたいパワーがあるんだなって、改めて思いました。

長女に言われた「そんな怒り方じゃ響かない」

――今回の映画では、しまじろうたちの成長も感じられましたが、もえさんは、お子さんの成長をどんな時に感じられますか?

子どもって、日々成長していると思いますね。その成長を見ながら、私も親として成長しなきゃと、いつも学ばされています。

特に上の子は8歳なので、下の子を叱っていた時に、「ママ、そんな怒り方だったら言うこと聞かないと思うよ」「それじゃ響かないよ」なんて言われちゃいました(笑)。

私は子どもに対して、ちょっと怒りすぎてしまった時は素直に言いますし、「ママもわからないんだ、どうしたらいいと思う?」って、相談を持ち掛けたりもします。私はわからないことが多いので(笑)。子どもと一緒に学んでいます。

――子どもが小学校に入ったりと、この春から新しい生活を迎えるお母さんたちにアドバイスをお願いします。

親はあまり頑張りすぎなくていいかと思います。あまり頑張りすぎると、できなかった時に落胆が大きいので。

長女が小学校に上がった頃は、あんな大きなランドセルを背負って一人で学校まで行けるのかなというのが心配で、最初はできるかぎり途中まで見送っていたんです。でも、親の心配をよそに、子どもはちゃんと学校へ行くし、お友達も作ってきました。

ランドセルを背負った瞬間から、子どもの中でも何か意識が変わって、ちょっと背伸びして頑張るのかなと。だから、安心して大丈夫だと思います。

初めての映画は、忘れられない感動に

――最後に、映画『しまじろうと えほんのくに』の見どころや、おすすめのポイントはどこでしょうか?

しまじろうたちが絵本の世界に行くところが、子どもたちは入り込みやすいと思います。
この映画では見ている人も一緒に映画の中に入って、メガホンを振ったり、声をかけたりして、物語を進んでいきます。飽きやすい子どもでも楽しめるいいアイデアだなと思いました。

今回、映画を観て、子どものころに初めて映画館で観たことを思い出しました。
その時の感動は今でも覚えていますね。こんなに大きな映画館で、音もとても迫力があって……。

この映画も、初めて映画館で見るお子さんがたくさんいると思いますが、忘れられない映画になるといいなと思います。

しまじろうと仲間たちが踊って歌って冒険する『しまじろうと えほんのくに』。

しまじろうたちの成長あり、友情あり、そして感動ありの素敵なストーリーに仕上がっています。

これまで映画館にはなかなか行きづらかった小さなお子さんをもつ方にこそおすすめしたい、最高のファーストシネマです。ぜひ、親子で「はじめて映画館に行く冒険」を楽しんでみてください!