写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シスメックスは3月10日、独メルクとイメージングフローサイトメトリー(イメージングFCM)技術を用いたFISH検査の自動化システムの共同開発に着手したと発表した。

FCMは、微細な粒子を流体中に分散させ、その流体を細く流して個々の粒子を光学的に分析する手法で、主に細胞を個々に観察する際に用いられる。メルク独自の技術であるイメージングFCMは、大量の細胞を処理できるFCMと、細胞形態・蛍光画像の高速撮像およびそれら画像を自動分析する能力を備えている。両社は2013年7月にメルクのイメージングFCM技術に関する共同開発およびライセンス契約を締結し、血液疾患への同技術の適用可能性の検証を目的とした臨床研究を共同で実施してきた。

FISH検査はがんの診断などに用いられる染色体の検査方法。現状は光学顕微鏡を用いて目視で細胞中の正常・異常遺伝子を検出しているため、検査対象となる細胞数が限定的であり、また検査の実施には多大な労力が必要となるなどの課題がある。これに対し、今回の共同研究で開発する製品は、自動化による検査プロセスの効率化や標準化に加え、FCMによる計測細胞数の増加による高精度な検査の実現やFISH検査を用いた治療効果モニタニング適用などが期待され、まずは白血病検査アプリケーションから適用を開始する予定だとしている。

(神山翔)