スマホ/タブレットで簡単操作、72mk/hでの高速飛行も

写真拡大

民生用ドローンを手がける中国のDJIは、一般向けドローン「Phantom(ファントム) 4」を開発し、直販サイト「DJI公式ストア」で先行予約を受け付けている。2016年3月15日から順次発送する予定。

動く被写体を自動追尾「ActiveTrack」機能

4K動画を毎秒最大30コマ、フルHD動画を毎秒120コマのスローモーション撮影が可能なカメラ搭載。飛行中に機体が傾いても水平に保ち、振動などを排除して滑らかな撮影が可能なジンバル(回転台)を備える。

障害物回避センサーで周囲の状況を感知する「障害物感知システム」、動く被写体を自動的に追尾する「ActiveTrack」機能などを新搭載。専用アプリ「DJI GO」をインストールしたスマートフォン/タブレットからタップひとつで簡単に操作できるという。

高効率モーターの採用と5350mAhバッテリーを搭載し、約28分の飛行に対応。「スポーツモード」では時速72キロの高速飛行が可能だ。

直販価格は18万9000円(税込)。