写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビはこのほど、大学・大学院卒業後の未就業者向けの就職支援(人材紹介)サービス「マイナビ新卒紹介アドバンス」2016年度版の提供を開始した。2015年度は東京のみの展開であったが、今回は新たに大阪でもサービスの提供を開始している。

○研修プログラムとマッチングサービスを組み合わせ

「マイナビ新卒紹介アドバンス」は大学・大学院を卒業して間もない未就業者向けにマイナビが独自に開発した研修プログラムと、求職者と企業を結ぶマッチングサービスを組み合わせた就職支援サービス。

サービスでは、マイナビのキャリアアドバイザーが求職者と面談を行い、就職活動のカウンセリングを行う。

その後、現実に近い職場空間を再現した5日間のビジネスシミュレーション研修を実施。この研修は受講者満足度97.3%の実績(昨年の受講者445名にアンケート)をもつ新入社員研修さながらのプログラムが導入されている。この研修を通じて企業にとって採用の価値を感じられる人材へのステップアップを図り、研修後は、既卒者を積極採用する企業とのマッチングを行う選考会を開催し、就業へとつなげる仕組みとなっている。

○卒業後の内定率は現役学生の1/2

2016年3月卒業見込みの大学・大学院生の就職活動動向は、2015年9月末時点で内定率が79.9%(「2016年卒マイナビ大学生就職内定率調査 9月」)と高い傾向にあるが、未内定者を含めて就職活動を継続する学生も32.8%は存在している状況。

その中で、在学中に内定を得られず卒業後も就職活動を行うケースもあり、既卒者への調査では、卒業後の内定率は43.2%(「2015年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」)と現役学生の内定率と比較すると約半分と低調だ。

「マイナビ新卒紹介アドバンス」はこうした状況の中で、既卒未就業の求職者と企業を結ぶサービスとして昨年度よりスタートしたという。「今年度の大阪での展開もはずみにし、より多くの就業支援を実現させる方針」とのこと。