日本代表のトレーニングもスタートは全員でのランニングから。このランニングはどれくらいのスピードなのか。

3月7日はタッチラインとゴールラインの外を6周した。1周目は130秒、2周目は120秒、3周目が115秒で4周目は105秒、5周目と6周目は100秒だった。

8日の午前中は1周目が120秒、2周目が110秒、3周目は100秒で、4周目の途中で終わっている。午後は1周目こそ120秒だったが、2周目からは100秒になった。

最終日の9日は1周目が120秒、2周目が110秒、3周目が100秒で、ここでも4周目の途中で終わっている。

ではどれくらいのスピードなのか。サッカーのよく使われているピッチは縦105メートル、横68メートル。つまり1周が346メートル。

これを120秒で走ると、時速10.38キロ。110秒で時速11.324キロ。そしてアップの中で一番早い100秒だと、時速12.456キロとなる。

週末はランニングでこのスピードに挑戦! もしこれがこなせれば、日本代表の最初の練習に付いていけることになるのだ。ランニングマシーンに乗る人も、時速12.5キロにセットしてみよう! ただし、くれぐれも運動不足から来る肉離れにはご注意を。

【日本蹴球合同会社/森雅史】