便秘の人、試す価値はあるかも

写真拡大

ロダンの有名な彫刻「考える人」。頬杖をつき、静かに座っているように見えるが、盛り上がった筋肉から全身に力が入っていることがわかる。実はこの姿勢こそが、排便時の理想のスタイルであることが、日本人研究者らによって明らかになった。

排便時の「体位」は重要な要素だった

論文のタイトルは「排便に体位が与える影響:『考える人』の姿勢に関する前向き研究」。2016年2月、イタリアの医学誌に発表された。研究を行ったのは、熊本市にある大腸肛門の疾患を専門とする高野病院の医師、高野正太氏率いるチームだ。医療現場では以前から、排便するときは「考える人」の姿勢がよいとされてきたが、実証されたのは今回が初めて。

研究チームは、高野氏が在籍していた米クリーブランドクリニック・フロリダで、2013年1月から半年間、便秘など排便の困難を訴えて受診した男女約50人を対象に研究を実施した。体位が排便に与える影響を調べるため、肛門からペースト状のバリウムを少量入れて、排便するときの状況を調べる「シネデフェコグラフィー(排便造影検査)」を用いた。バリウムを疑似の便に見立てて、それを排泄するときの状況を撮影し、画像を分析する手法だ。

被験者のうち、背筋を伸ばした状態でバリウムを排出できなかった22人に「考える人」の姿勢(片方のひじをひざにつけるポーズ)を取らせたところ、11人が完全に排出することができたという。

便の通り道のカーブを緩やかに

なぜ、「考える人」の姿勢がよいのだろうか。その理由は、排便のメカニズムにある。

口から入った食べ物は消化の過程で大腸に送られ、水分などが吸収されて、便となって肛門に近い直腸へと移動する。先述の通り、便が直腸から肛門に到達するには「直腸肛門角」という曲がり角があり、便意を感じるまでは、便は曲がり角の手前で待機している。肛門の内側と外側には「括約筋」という門番がいて、便が漏れ出さないよう、普段はしっかりと肛門を閉じている。便意を感じ、排便の準備が整うと、便が出やすいよう、曲がり角のカーブが緩やかになり、門番が肛門を開く。そして、腹圧をかけることと、直腸の収縮によって便が排出される。

高野氏らの研究では、被験者に「考える人」のポーズをとらせることで、肛門直腸角の角度が緩やかになったという。つまり、曲がり角のカーブが直線に近づき、便が排出されやすくなったということだ。

ユニチャームが運営する高齢者と介護者のための「排泄ケアナビ」によると、排便には3つの要素が必要だという。1つ目は「腸の力」。直腸が収縮して便を押し出そうとする力だ。2つ目は「ふんばる力」。腹筋や横隔膜を使っていきみ、便をしぼり出す。そして、3つ目は「正しい姿勢」。やや前屈みの姿勢が排便には適している。「考える人」はまさに排便に最適な姿勢と言える。

便座が高くて「考える人」の姿勢がとりづらい場合は、踏み台を置くと安定する。おなかがスッキリするだけでなく、誰にも邪魔されない空間で沈思黙考すれば、仕事のアイデアも浮かぶかもしれない。[監修:山田秀和 近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長]

参考文献
Influence of body posture on defecation: a prospective study of "The Thinker" position.
DOI: 10.1007/s10151-015-1402-6 PMID: 26690926

(Aging Style)