9日、中国プロバスケットボールリーグ・CBAの今シーズンの決勝が11日から始まる。四川金強ホエールのホームでのゲームは16日に行われる。そんな中、チケットの購入をめぐり、心温まるニュースが四川省成都市で話題になっている。

写真拡大

2016年3月9日、中国プロバスケットボールリーグ・CBAの今シーズンの決勝が11日から始まる。そんな中、チケットの購入をめぐり、心温まるニュースが四川省成都市で話題になっている。成都商報が伝えた。

80歳の女性・孟(モン)さんが息子に代わって早朝4時半からチケット購入の列に並んでいるのを見た数百人のサポーターが、孟さんに順番を譲ったのだ。

「息子は仕事でチケットを買いに来られなかった」という孟さんは、早朝に売り場に来たものの、その時すでに約1000人のサポーターが列を作っていた。すると、孟さんの事情を知ったある女性サポーターが、近くにいた玉林派出所の警察官に、特別な事情なのだから、それなりの対応をしてあげてと頼んだ。

女性は取材に対して、「孟さんは6時間も並んでいた。それ以上体が持たないのではと心配になった。高齢者は大切にしないと」と語った。警察官はすぐに孟さんを連れて前方に進んだ。数百人が抜かされたが、誰も文句は言わなかったという。

チケット売り場には7日の夜から長蛇の列ができ、8日午前9時半から発売された2試合分のチケットは同日午後1時に完売となった。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)