2008年に佐々木則夫監督が就任後の東アジアカップで、初戦に対戦したのが北朝鮮だった。当時の北朝鮮は日本の格上。そこで逆転勝利をおさめた日本は、その夏の北京オリンピックで史上初のベスト4進出を果たした。現在のなでしこジャパンの主力組にとって、世界への手応えを初めて掴んだ忘れがたい試合となっている。奇しくも、佐々木監督最後の采配は、北朝鮮戦。ケガで調整が遅れていても、最後まで起用しつづけた愛弟子である岩渕真奈(バイエルン)の決勝ゴールで有終の美を飾った。

 ようやく、なでしこらしい連動が見られた。北朝鮮の強力なプレッシングに真っ向対決。流れは日本がしっかりと掴んでいた。ボランチに入った宮間あや(湯郷ベル)が左へ流れれば、右サイドハーフの中島依美(INAC神戸)がすかさず中へカバーに入り、その動きに合わせて横山久美(AC長野)が走り込みながら位置を調整する。

 左サイドでは、ひとつポジションを上げてハーフに入った鮫島彩(INAC神戸)がサイドバックの有吉佐織(日テレ・ベレーザ)とともに切り崩そうとサイドをえぐる。試合直前まで降り続いていた雨の影響でたっぷりと水分を含んだピッチ。立ち上がりこそ、スピードに乗れず手こずっていたものの、随所に浮き球を織り交ぜながら次第に日本がゲームを支配していった。

 得点がないまま前半を折り返したことに若干の不安を抱きつつも、後半に入ると、佐々木監督は中島をボランチに、宮間を左サイドへスライドさせ、岩渕を投入する。現状で最も変化を生み出す最善のフォーメーションだった。これでゴールが生まれなければ、どうしようもない。

 大儀見優季は潰されていたが、その分、2トップに入った横山がかなり自由に動いたところへ、左サイドに岩渕が入り、北朝鮮DF陣が後手後手になり始める。

 攻め倒す日本に待望の決勝ゴールが生まれたのは80分のことだった。中島からスイッチが入った攻撃は、有吉、横山を経由し、宮間の狙いすましたクロスを、ファーサイドの岩渕が頭でGKの脇を差す。ゴールを確信した岩渕は全力で宮間のもとへ。満面の笑みで迎える宮間の両腕に飛び込んだ。"恩返し"――岩渕の想いがあふれ出ていた。

 第3戦の敗戦以降、消化試合となった戦いで、なでしこたちは次へつなげる戦いにしようと、気持ちを奮い立たせた。「全員の気持ちが乗った」とは宮間だが、最終戦では失われていた連動がよみがえった。そのカギとなったのは阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)のポジショニングだ。この予選で、阪口が指揮官から託されていた役割は高い位置で攻撃に絡むこと。ゴールが遠いチーム状況では阪口の得点力は希望のひとつ。だが、ボランチ不足の中、阪口の相棒は一戦ごとに変わった。阪口が前めにポジションを取ることで、相棒が封じられると、日本は一気に守備のバランスが崩れる。結局、ゲーム中に守備を立て直すことができないままにリオへの切符を逃すことになった。

 最後の一戦で阪口が心に決めていたことがある。「下がった位置からゲームをコントロールする」こと。どうやっても、しっくりこなかった位置を自ら引くことにしたのである。これがハマった。攻撃ではピンポイントでスルスルと上がって確実にバイタルを脅かし、またスルリと中盤に戻る。この動きこそ阪口の感性であり、彼女にしかできないこのプレーが生まれれば、日本はゴールの香りを漂わせ、相手は危険を感じ取る。このポジショニングの恩恵は守備面でより顕著に現れた。

 余裕をもって視野をキープした阪口は、DFラインや前線プレスのこぼれ球を拾い、ピンチの芽を摘み、チャンスのきっかけを作る。中盤が安定することで、ブツ切れだった守備に連動が戻った。もちろん、全員の意識が「しっかり守備から入る」というところに統一したこともあるが、無失点に抑えることができた最大の要因はこの阪口のポジション取りにあったように思う。ドイツワールドカップ後、一時は前に出てゴールに絡む動きに気持ちを置いた時期もあった。実際にゴールを生み、確かな感触も生まれていた。けれど、この一戦で改めて感じとったことがあった。

「ホマレちゃん(澤穂希)みたいに"奪う力"が強いわけじゃないから、自分は"セカンドボール"狙いだと思う。チーム的にはこれが一番いいと、思い直させられた試合だった」

 この試合で阪口は近賀ゆかり(INAC神戸)とともに、代表戦出場100試合目を迎えた。試合数が少ない女子選手にとって、100試合は大きな数字だ。阪口が歩んできた長い道のりがその数字に表れている。

「5戦目にして、やっと自分の生きる場所を見つけた気がします。もっと早く決断するべきだった......」

 手応えとともに、湧き上がる悔しさ。阪口が最後に見つけたものは、自分の場所であり、それは最初に取り組んでいた懐かしい場所でもあった。

 すべての戦いを終え、2勝2敗1分の3位。2位の中国との差は勝ち点4だった。阪口をはじめ、宮間、近賀といった選手たちは、先輩から受け取ったバトンを必死につないで、手探りの中、世界一への道のりを築いてきた。特に北京オリンピック以降、彼女たちの奮闘がなければ、今のなでしこジャパンの地位はない。頂点まで引き上げ、そしてゼロに戻す――なんと酷なことか。誰に責められなくとも、想像を絶するほどの自責、悔恨の念が今、彼女たちを苦しめている。

 確かに、この予選で失ったものは大きい。これから先、本気で再び頂点を目指すのであれば、現状から目を逸らさずに徹底した検証が必要不可欠だ。だが、その問題と選手たちが自ら背負いこもうとしているものは別だ。重い十字架を彼女たちが背負う必要はないのではないか。勝負の世界は、懸命な努力を重ねたからといって100%報われるということはない。こうして流れは変わっていくのだろう。

 今ここから何かが始まれば、この予選も意味があるものに変わる。きっと、ともに戦った若きなでしこたちが、その答えを見つけてくれるはずだ。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko