『四月は君の嘘』 ©映画「四月は君の嘘」製作委員会 ©新川直司/講談社

写真拡大

映画『四月は君の嘘』の公開日が9月10日に決定。あわせて特報が公開された。

【特報を見る】

『四月は君の嘘』は、2011年から2015年まで『月刊少年マガジン』で連載された新川直司の同名漫画が原作。母の死をきっかけにピアノを弾けなくなった高校2年生の有馬公生が、自由奔放なバイオリニスト・宮園かをりとの出会いをきっかけにピアノや母との思い出と再び向き合う様子や、かをりの抱える秘密を描く青春ラブストーリーだ。

特報では、広瀬すず演じるかをりが山崎賢人演じる眼鏡をかけた公生に「友人A君を、私の伴奏者に任命します」と話すシーンをはじめ、バイオリンを演奏するかをりや、ピアノと向き合って葛藤する公生の姿、2人が川の中ではしゃぐ様子などが確認できる。また公生に想いを寄せる幼なじみ・澤部椿役の石井杏奈(E-girls)、公生と椿の幼なじみ・渡亮太役の中川大志の姿も映し出されている。