写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Softpediaに3月9日(米国時間)に掲載された記事「MIT Creates Algorithm That Speeds Up Page Load Time by 34 Percent」が、MITの研究チームがWebページの読み込み時間を平均で34%短縮する新しいアルゴリズムを発表したと伝えた。

このアルゴリズムは「Polaris」と呼ばれている。Webページの読み込み速度の高速化については、これまでさまざまな企業や研究者が取り組んできたが、平均で34%の削減を達成したという例はなく、大きな成果としている。

リソースの読み込みに関してはブラウザごとに実装方法が異なるが、簡単にまとめるとWebページを読み込んだあとに、そのWebページで指定されているほかのリソース(JavaScript、CSS、画像、動画など)のダウンロード要求をサーバに送信しコンテンツをダウンロード、準備が整った段階でページのレンダリングを開始する。

今回発表された「Polaris」はこのコンテンツのダウンロードを、ダウンロード順序を入れ替えることで高速化する。リソースの依存関係をグラフに整理し、効率の良いダウンロード順序を見つけ出す。

MITの研究者らは200の異なるネットワーク状況においてPolarisアルゴリズムの動作を調査し、この仕組みを使うことで平均で34%のロード時間短縮を実現したそうだ。特にPolarisの効果がでやすい多くのリクエストが発生するような大規模でJavaScriptに強く依存したページでは高い効果が計測できたとしている。

(後藤大地)