9日、香港紙・東方日報によると、中国で“二人っ子政策”が施行されたことで思わぬ事態が発生していると伝えた。写真は妊婦。

写真拡大

2016年3月9日、香港紙・東方日報によると、中国で“二人っ子政策”が施行されたことで思わぬ事態が発生していると伝えた。

安徽省合肥市に住む48歳の女性・左(ズオ)さんは、“二人っ子政策”施行を受け2人目の子どもを欲する気持ちに火が付いた。夫との間に娘がいたものの、伝統的な考え方から男の子を生んで姓を継がせたいという思いがあり、夫もこれに賛成した。しかし、左さんの娘は24歳で昨年結婚したばかりだった。

「自分の兄弟と子どもが同い年になる」ということが考えられなかった左さんの娘は、高齢出産が母体に負担になることや、子どもが成人したころには両親が70代になるため養育できないことなどを理由に反対したが、家族の説得で最終的に受け入れたという。

中国ではこのように“二人っ子政策”の施行で、若者よりも中年女性の出産意欲がかき立てられた面がある。41歳のゴンさんも左さんと同様に、家族から男の子が欲しいと言われ出産を決めた。42歳の王さんは、7歳の娘のためにもう1人生む決心をしたという。(翻訳・編集/北田)