写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center、JPCERT/CC)は3月10日、「ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2016-1286) に関する注意喚起」において、 ISC BIND 9にDoSの原因となる脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されると、遠隔からの攻撃でnamedを異常終了させられる可能性があるという。

脆弱性が存在するプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

・ISC BIND 9.0.0〜9.8.8
・ISC BIND 9.9.0〜9.9.8-P3
・ISC BIND 9.9.3-S1〜9.9.8-S5
・ISC BIND 9.10.0〜9.10.3-P3

脆弱性の詳細は「CVE-2016-1286: A problem parsing resource record signatures for DNAME resource records can lead to an assertion failure in resolver.c or db.c」にまとまっている。ィ脆弱性を修正したバージョンがすでにInternet Systems Consortiumより公開されていることから、該当するプロダクトを使用している場合は検証などを実施した上でアップグレードすることが推奨される。

(後藤大地)