ボードゲームがジワッと人気。実は“恋活・婚活”にピッタリなんです
 女の一生を左右する結婚。してしまってから「こんな人だと思わなかった!」なんて後悔したくないですよね。でもデートや旅行を重ねても、なかなか相手の能力を見極めるのが難しいかもしれません。コミュニケーション能力、客観視点、計算力や頭の回転の早さ、冷静な判断力……。

 結婚するに当たって、仕事ができる人なのか、すぐカッとしないか、そんなことを見極めたいものです。

 そんな重要なことが楽しく遊びながらできちゃうものがあるんです。それは、ボードゲームです!

 ボードゲームはいまジワジワ人気上昇中で、世界中のボードゲームを楽しめるカフェ「JELLY JELLY CAFE」(渋谷・池袋)や、ボードゲーム好きの勝間和代さんがプロデュースした「WIN WIN」(東五反田)など、遊ぶ場も増えています(ボードゲームカフェについてはこの記事の最後を参照)。定期的にゲームイベントもあって、出会いの場にピッタリなのです!

 日本でボードゲームというと、「人生ゲーム」を思い浮かべる人が多いでしょう。でも違うんです!

 本場ドイツを始め、世界で毎年数百もの新作が出るボードゲーム。サイコロを振ってコマを進めるだけではなく、カードを選んで手に入れたり、相手の戦略を見ながら自分の手を決めたりと、めちゃくちゃ頭を使うものからバカ騒ぎするものまで、いろんな種類があるんです。

 コマが木でできていたり本物の石だったり、ボードが立体的だったりと、コンポーネントが美しく豪華なものもあり、ちょっとした美術品のようですよ。また最近流行の「人狼」も、ボードゲームのひとつです。

 ではここで、めっちゃくちゃ独断と偏見ですが、婚活にぴったり(と思われる)ボードゲームをいくつかご紹介しますね!

◆コードネーム

赤・青の2チームに分かれて対戦。単語の書いてあるカードはスパイのコードネーム。どのカードが味方なのかは、チームの代表しかわからない。各チームは、代表から与えられたヒントを元にどのカードが味方なのかを当てていく。

 代表は「ヒント+何枚当てはまるか」を指定し、チームはその予測を元に回答していく。カードには青、赤、一般人、暗殺者がいる。

 代表とどれだけ感覚的に通じ合っているか、ヒントをうまく利用できるかが勝利の鍵。夫婦チーム対友達チームで対戦したら、まんまと2勝0敗だったので、息の合うカップルかどうかは、このゲームを遊べばわかるかも?

◆パンデミック

 プレイヤー全員で協力して、蔓延する病原菌の特効薬を開発し、世界を救おう!

 各プレイヤーにはそれぞれ異なる特殊能力があるので、全員で相談し合ってどうプレイするかを決める。自分の役割を把握する能力、コミュニケーション能力、2手3手先を読む能力など、さまざまな能力がわかる。

 とても評価が高く人気のゲームで、これまでにいくつものバージョンが発売されている。写真は『パンデミック レガシー』という、1回しか遊べないプレミアバージョン(ネタバレ部分は隠してあります)。

◆世界の七不思議

 各プレイヤーは、それぞれ担当の国を受け持つ。自分の国をより発展させ、もっとも勝利点を多く稼いだプレイヤーの勝ち。建築物や戦争など勝利点になる要素がいくつかある。隣のプレイヤーから回ってくるカードから一枚選んで入手し、残りを次のプレイヤーへ渡す。

 他のプレイヤーの状況を見ながら戦略を立てていくため、視野の広さ、柔軟な対応と冷静な判断が必要。仕事ができるか、周囲に目が配れるかといった、結婚相手としての能力が測れる、かも?

◆人狼

 漫画やテレビで取り上げられていて、最近有名な人狼。プレイヤーはそれぞれ役割カードが配られる。その中に何人か「人狼」がひそんでおり、毎晩ひとりずつ村人を食い殺していく。昼間は村人全員で「誰が人狼か」を話し合い、怪しい人を1人選んで殺す。