10日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵大統領が「安全保障上の脅威が高まっている今、社会分裂を起こしてはならない」と訴えた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月10日、韓国・SBSによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が「安全保障上の脅威が高まっている今、社会分裂を起こしてはならない」と訴えた。

朴大統領は同日、慶尚北道安東市で開かれた新道庁の開庁式に出席し、「北朝鮮は今、安保威嚇やサイバーテロを行っており、韓国の全ての国家機関と国民に照準を合わせている」と述べた上で、「国民が危険にさらされないよう最善を尽くしているが、何よりも国民全員の協力が必要だ。経済と安全保障の複合危機を迎え、いつにも増して国民の団結が重要な時期。この危機に社会分裂を起こしてはならない」などと訴えた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「北朝鮮が照準を合わせられないようにするのが朴大統領の仕事。南北関係を台無しにしておいて、国民に団結しろと?一つにまとまって核爆弾に当たれということか?」
「北朝鮮になめられる理由が分かった」

「国民はそんな言葉を求めていない。幼稚園の先生を見ているようだ」
「経済や外交は放ったらかし。今は北朝鮮のことしか頭にないみたい」
「団結していた国民を混乱に陥れ、分裂させたのは朴大統領」

「総選挙の時期。言葉には気を付けた方がいい」
「選挙運動に見えるのは私だけ?」
「庶民は団結しているが、公務員らが問題」
「国際社会は今、北朝鮮に対する制裁を強化している。北朝鮮に核を放棄させる絶好の機会だ。不安だからと大統領を批判せず、団結して金正恩(キム・ジョンウン)と戦おう」(翻訳・編集/堂本)