広島県の中学3年生自殺 誤りに気付いた後も誤記書類を6回配布

ざっくり言うと

  • 広島県の中学3年生が、誤った万引き記録で進路指導を受け自殺した問題
  • 学校側は誤りに気付いた後も6回にわたって記録を会議で配っていた
  • 教諭らは各自の資料は手直ししたが、PC上の元データは誰も修正しなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング