ユーザー数5億人も…「Dropbox」の将来性を投資家たちが不安視

ざっくり言うと

  • Dropboxの評価額は半減していると見られ、投資家から不安の声がでている
  • ライバル企業のBoxが15年のIPO以来、時価総額が約半減していることが理由
  • それでもDropboxは、サービスが堅調に成長していると一貫して主張している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング