BtoB商材のプロモーション動画へのヒントがいっぱい!人気チャットアプリのCMに個性豊かな動物が起用されたワケとは?

写真拡大

ビジネスシーンに“使える”チャットアプリとして最近日本でも話題の「Slack」。そんなSlackが昨年末に公開したテレビCMは、BtoB企業のプロモーション動画を企画する上でのさまざまなヒントを与えてくれます。

動画の舞台は、とあるオフィス。ボスのライオンは雨の中を濡れて歩く人々の姿や、傘の扱いに苦労する同僚のエビを見て、「フライング傘」という新商品アイデアをチャットに投稿します。すると即座にスタッフたちが反応。チャットアプリのおかげでスピーディにプロジェクトが進められ、画期的なフライング傘が実現するというストーリーです。

 

BtoB商材の場合、それがどのような商品で、どのような価値を提供できるのかを正確かつ魅力的に伝えることが求められますが、この動画から次の2つのポイントを学ぶことができます。

まず、本動画ではSlackという商品について一切言葉で説明することなく、Slackを使って1つの商品が誕生するまでの一連の流れを見せている点です。「雨に濡れたくない」という誰もが潜在的に感じている課題を取り上げることで視聴者の共感を得つつ、Slackを使うとこんなにもビジネスがスムーズに進められるという価値を、ストーリーという形で非常に分かりやすく伝えています。

2つ目は、日常的なオフィスシーンを舞台にすることで、視聴者が自分ゴト化できるという点です。この動画はテレビCMとして配信されました。つまり目的は認知獲得や興味喚起です。そのため、操作性や細かい機能ではなく、“よくあるビジネスシーンの中でのSlack”を見せることで、興味を持ってもらうことに成功していると言えます。

それでは「動物」を使った意図とは何だったのでしょうか?
まず、オフィスで仕事をしている動物、というだけで違和感を覚え、思わず見続けてしまいます。同じストーリーを人間が演じれば、ここまで印象に残る動画にはならなかったでしょう。

また、個性豊かな動物たちにSlackを使わせることで、「誰でも使える」というイメージも醸成できます。

同社はさらに、この動物たちをキャンペーン全体のアイコンにし、ランディングページにも起用。“撮影”時のNG集まで作る手の込みようで、キャラクターを育てています。愛らしいNG集もぜひご覧ください。

 

ブランド:Slack
タイトル:Slack Teams Do Amazing Things - "Animals!"
目的:プロモーション