9日、仏RFI(中国語電子版)は、ファストフード大手のケンタッキーフライドチキン(KFC)が8日、騒動を乗り越えて中国のチベット自治区に初の店舗をオープンさせたと報じた。写真は中国のKFC店舗(参考資料)。

写真拡大

2016年3月9日、仏RFI(中国語電子版)は、ファストフード大手のケンタッキーフライドチキン(KFC)が8日、騒動を乗り越えて中国のチベット自治区に初の店舗をオープンさせたと報じた。

KFCは2004年にもチベットへの進出を計画していた。これに対し、動物虐待に反対する組織の要請を受けたチベット仏教最高指導者のダライ・ラマが計画破棄を要求する書簡をKFCに送付。KFCは「経済的に実現可能ではない」との理由で停止していた。

AFP通信は、KFCの出店を待ち望んでいた中国人消費者の声を伝えた。SNS上には「何時間も並んでようやくアイスクリームが買えた。涙が出そうだった」との書き込みもみられた。(翻訳・編集/柳川)