10日、中国・河南省三門峡市の村で窃盗事件が起きたが、わずかな金品を盗んだことで多額の罰金を科せられたことに注目が集まっている。イメージ写真。

写真拡大

2016年3月10日、中国・河南省三門峡市の村で窃盗事件が起きたが、わずかな金品を盗んだことで多額の罰金を科せられたことに注目が集まっている。

中国新聞網によると、2015年末、民家に忍び込み窃盗を行っていた男は家主の帰宅に慌てて逃走。騒ぎを聞きつけた村民と警察が力を合わせ村に隣接する道路で身柄を拘束した。

その後の調査で窃盗犯は総額1.5元(約26円)を盗んでいたことが判明。被害金額はわずかであるが、窃盗したことに変わりはなく、2月26日に裁判所は男に対し懲役4か月と罰金3000元(約5万2000円)を言い渡した。(翻訳・編集/内山)