10日、韓国で生後2カ月の娘に暴行を加え死亡させた20代の夫婦が緊急逮捕されたとの報道に、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。イメージ写真。

写真拡大

2016年3月10日、韓国でまた幼い子どもが犠牲になる虐待事件が起こった。生後2カ月の娘に暴行を加え死亡させた20代の夫婦が9日、警察に緊急逮捕された。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

京畿道富川市の梧亭警察署は10日、生後2カ月の娘に暴行を繰り返した上で放置し娘を死亡させたとして、共に22歳の両親を暴行致死および遺棄などの容疑で緊急逮捕したことを明らかにした。警察によると父親は9日午前2時ごろ、市内の自宅で娘に暴行を加え、口から血を流していた娘をそのまま放置した疑いが持たれている。また父親は泣き出した娘の口に哺乳瓶を押し込み、そのまま10時間以上放置していた。一方妻は、夫と共に先月15日から今月8日にかけ週3回ほど、娘の頭や腹をたたくなどの暴行を繰り返していたという。

警察は9日、市内の総合病院から女児変死の通報を受け捜査を始めていた。夫婦は警察の調べに対し、「娘がいつも泣いてうるさいのでたたいた」とし、病院に連れて行かなかった理由について「大丈夫だと思った」などと供述しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからたくさんのコメントが寄せられている。

「かわいそう」
「動物にも劣る人間だ。子どもを産みたくても産めない人がたくさんいるのに」
「私の子どもに産まれたら幸せにしてあげられたのに…」
「常識では理解できないことがあまりに頻繁に起こる」

「韓国の法律も米国のように強化すべき」
「性教育をもっとちゃんとした方がいい」
「最近はどうしてこうも病気みたいな人が多いんだろう」
「良いニュースが一つもない。本当に憂鬱(ゆううつ)になるばかりだ」

「お腹の中で10カ月育てて産んだ子に、なぜこれほど残忍なことができるのか。涙しか出ない」
「もう結婚も出産もするな。人口減少でも出生率低下でも構わないから、こういうニュースを見なくて済むようにしてほしい」(翻訳・編集/吉金)