GACKT

写真拡大

10日放送の「プレバト才能ランキング 芸能人の才能を徹底査定3時間スペシャル」(TBS系)で浜田雅功が、生け花の才能を遺憾なく発揮するGACKTに、苛立ちをみせる一幕があった。

番組では、1番最初の査定「いけばなランキング」で、過去に華道家の假屋崎省吾氏から大絶賛されたGACKTが特待生として出演し、昇格試験を受けた。

スタジオでは、桜を使ったGACKTの生け花「旅立ち」が公開されると、審査する假屋崎氏は「まず、色彩ですよ」と、大ぶりの桜を引き立てるアリストルメリと、ラナンキュラスの配置を絶賛して「素晴らしい作品を作られた」と高く評価した。

色彩感覚の評価に対して、司会の浜田がGACKTにサングラスをかけたまま生けていたかを訊くと、GACKTは「付けてました」と一言。スタジオに驚きの声があがる中、浜田は「サングラスしたまま、分かんの!?」と迫ったが、GACKTは「天才なんで」と返答。浜田は即座に「うるさい!」とツッコミを入れて、笑いを誘った。

その後、GACKTは特待生として、5級から4級に1ランク昇格した。假屋崎氏は「空間を活かした絶妙な線の入れ方が本当に美しい」と、またしても大絶賛した。

さらに假屋崎氏は、GACKTに「やっぱり才能のある方は違うなあと思ってね。見せていただきました」と、べた褒め。浜田は「気分悪いわあ」「何やってもこのガキはほんま!」と、GACKTへの苛立ちをみせた。

すると、GACKTは「ちょっとちょっと、ガキじゃない。もう43(歳)のオッサンだから」と、自身の実年齢を明かしつつ浜田にツッコミを入れると、共演者からの驚きと笑いが起きていた。

【関連記事】
GACKT 亡き「弟」についてブログで告白「自分の無力さを知った」
GACKTが「格付けチェック」の裏側を明かす 出演オファーを断られることも
GACKT 「格付けチェック」での北山宏光らのミスに言及「責めて何になる?」