資料写真

写真拡大

(台北 10日 中央社)台湾電力(台電)は10日、午後1時10分頃、第1原子力発電所(新北市)2号機の原子炉内の水位が上昇し、緊急停止したと発表した。原因については現在調査中だが、原子炉は安全に停止し、外部への放射能漏れはないとしている。

台電の関係者は原子炉内の水を制御する装置にトラブルが生じ、原子炉内の水位が異常上昇したのではと説明。ただ、詳しいことは分からないとしている。同原発では1号機も運転を停止しているが、電力供給に問題はないという。

行政院(内閣)原子力エネルギー委員会の周源卿主任委員は、緊急停止は安全装置作動の一種とした上で、運転再開時期については「調査結果が出てから」と語った。

(林孟汝/編集:齊藤啓介)