フェイスリフトが迫っているトヨタ「86」次期型のレンダリングイラストを欧州から、最新情報と共に入手しました。

情報元によれば、「86」次世代型はマツダ「ロードスター」とFRプラットフォームを共有する可能性があるようです。2015年に発表されたマツダとの提携拡大により、現実味が帯びてきたようです。

Mazda-MX-5_2016_1280x960_wallpaper_01

「86」におけるスバルとの提携も完全に消えたようではないですが、マツダとの強力タッグが実現すれば、パワーユニットはダウンサイジングされる1.5リットル次世代SKYACTIVエンジンが搭載されることが予想されます。

それと同時にオープンモデルが検討されているようです。スケッチでは、プリウスを始めとする最新のトヨタデザインである、ヘッドライトとフロントバンパー一体化デザインとなっています。

ワールドプレミアは2018年が予想されています。

(APOLLO)

トヨタ86次期型、マツダロードスターと強力タッグでオープン化!?(http://clicccar.com/2016/03/10/359651/)