年を取ってからベジタリアンになることの「リスク」

写真拡大

イタリアの元首相ベルルスコーニが、倫理的配慮から肉を食べるのをやめると発表した。しかし、年老いてから自己流でベジタリアンになるのはあまりよい選択とはいえない。

「年を取ってからベジタリアンになることの「リスク」」の写真・リンク付きの記事はこちら

シルヴィオ・ベルルスコーニは、今年の9月に節目の年齢を迎える。80歳だ。そして、いまから賭けてもいい。その誕生日パーティのメニューに、間違いなくステーキは並ばないだろう。生ハムやサラミもしかり。なぜなら、ベルルスコーニはベジタリアンになるからだ。

ベルルスコーニ氏は「肉食をやめる」と宣言した。いわゆるベジタリアンといえば魚介類も食べないものだが、それも含まれるのかどうかははっきりさせていない。

彼は、それが倫理上の選択であることを明言している。「畜殺場、すなわち死へと旅する動物たちの苦しみについて読んでから、わたしは肉を食べたいと思わなくなった。肉なしでもやっていける。だからそうするんだ。素晴らしい動物たちを、なぜ殺すことができるのか。なぜ食べるなんてことができるのか」

この問題にはふたつの側面がある。健康面と、それから倫理面だ。そして、前者に関しては、肉食をやめるのは健康的な選択だといえるだろう。しかし、上手なやり方を知る必要がある。

ベジタリアンになることのメリットとリスク

ベジタリアンという選択には、いくつかメリットがある。例えば、肥満や心臓脈管系疾患のリスクが低くなり、血圧も下がり、糖尿病や何種類かのガンのリスクも低くなる。

「とはいえ、それが病気予防するのに必須の選択肢だというわけではありません」と、食品栄養研究所(CREA)の研究者で栄養学者のステファニア・ルッジェーリは言う。

「本来の地中海式食生活は、そもそも動物由来の食品の消費が少なく、同時に、適切な栄養バランスと腫瘍・ガン・糖尿病・肥満などに対する予防的な効果を保証するものです。食べものとしても文化としても、イタリア人に合った食生活であり、食事のモデルとして取り戻すべきです」

我流の判断でベジタリアンになるべきではないと、彼女は続ける。食習慣をリセットして、朝食から夕食までメニューを再考するには、サポートと知識が必要だ。「独学のベジタリアンは、例えば肉や魚をチーズに代えるだけで満足して、結果としてカロリーや脂肪の摂取量を増加させてしまう危険性があります」

一方、人口の3割がベジタリアンであるインド人は、何世紀も続くベジタリアンの(そしてヴィーガンの)伝統をもっている(例えば、肉の代替品となる豆類が非常に多くのレシピで使われている)。わたしたちは、こうした蓄積を学んでいかなければならないのだ。

高齢者ならではの問題も

「高齢になってからベジタリアンになるという選択は、老年を迎えるにあたり最良の選択とは思えません」と、ルッジェーリ氏は言う。

高齢者は、もともとサルコペニアになる傾向があると彼女は説明する。これには、適度な身体運動と適正量のタンパク質を摂れる食事が有効だ。

「最近の研究では(イタリアの)高齢者の多くがタンパク質をわずかな量しか摂取しておらず、2〜16パーセントの人々が栄養失調だと言われています。専門家のサポートがないままベジタリアンの道を選択すれば、彼らは十分な栄養を取ることができなくなるでしょう」と、ルッジェーリ氏は付け加える。

また、ライフスタイルの“再教育”は、若いうちに比べて高齢だと苦労も多い。すでに習慣が固定化されていることに加えて、咀嚼が難しくなるといった問題も関係してくる。

ゆえに、「高齢期において食生活を変える決断には、専門家のサポートが必要」(ルッジェーリ氏)なのだ。しかし、すべての高齢者にその余裕があるわけではない。

関連記事コーヒーを飲む人は早死リスクが15%低い:20万人以上の研究結果

TAG

FoodHealthLifestyleWIRED IT