佐々木則夫「以前」と「以後」、なでしこジャパンで残した記録を見る

写真拡大

2016年のリオ五輪に向けた予選を3位で終えたなでしこジャパン。シドニー五輪以来の予選落ちということもあって、佐々木則夫監督は「僕のせいですから、しっかりと責任をとって。新たななでしこジャパンを後押ししてください」と語った。一部では退任へ向けたメッセージだとも言われている。

今回の予選ではその選手起用や采配に批判もなされたが、佐々木監督が残した記録は非常に素晴らしいものである。今回は、彼が残した功績を就任以前・以降で見ていこう。

女子代表に初のタイトルをもたらす

信じられないかもしれないが、なでしこジャパンは佐々木則夫監督になるまでタイトルを獲得したことはなかった。2008年、東アジアサッカー女子選手権で優勝したのが初めてのことである。

五輪で初のベスト4、メダル

2004年のアテネ五輪でベスト8入りしていたため、なでしこジャパンは昔から強かったという印象が強いだろう。しかし、上述の通りシドニーは予選落ち、アトランタ五輪でもグループリーグ敗退を喫している。

2008年の北京五輪でベスト4、2012年のロンドン五輪で準優勝したのは歴史的快挙である。

FIFAランクを3位に押し上げ

現在、FIFAランク4位のなでしこジャパン。最高で3位にまで向上したが、元々女子サッカーはアジアでは北朝鮮の方がFIFAランクで上位の存在であった。

佐々木監督就任前、2007年12月のFIFAランクは11位(北朝鮮6位)。佐々木監督就任後も2009年3月は北朝鮮が5位、日本が7位としばらくは北朝鮮がアジアの女子サッカーの盟主だったのだ。

アジアカップで初優勝

リオ五輪予選でオーストラリアや中国に苦戦したなでしこジャパン。世界を相手に結果を残してきただけに、まさか「地域予選」で負けるなんてとアジアを下に見る層も多くいたのも確かだ。

しかし、なでしこジャパンがアジアカップで優勝したのは2014年が初、佐々木監督就任以前は1991年の自国開催での準優勝などがあるものの優勝はなかった。

同じくアジア競技大会も初優勝は2010年、上述の東アジアサッカー女子選手権も2008年が初、全て佐々木監督になってからの話なのである。

そもそも、女子サッカーの世界でアジア地域は強豪揃いなのだ。オーストラリア、中国は昨年の女子ワールドカップでベスト8、韓国もベスト16入りを果たしている。予選は非常にハイレベルで厳しいものであるという認識を持たなければならないだろう。

アルガルヴェ杯に参加

毎年テレビ放映もされ注目度の高い大会であるアルガルヴェ杯だが、日本代表は2011年の第18回大会が初めての参加であった。

ワールドカップで優勝

今さら語ることではないかも知れないが、日本代表は2011年の女子ワールドカップで優勝を果たした。佐々木監督は2012年にFIFA女子最優秀監督賞を受賞したが、これはアジア人では初めてのことであった。

ワシが育てた

現在、代表の主力であるメンバーは佐々木監督がなでしこジャパン監督就任以前・以後に面倒を見てきた選手である。2006年にU-17代表監督、2007年から2010年まではU-20代表監督をフル代表の役職(コーチ・監督と)兼任していたからである。

2009年のAFC U-19女子選手権では優勝を経験しているが、MVP、大会得点王は現在フル代表の岩渕真奈であった。熊谷紗希、中島依美、高瀬愛実、宇津木瑠美、田中明日菜など彼の下で指導を受けた選手は多い。

まとめると…

男子サッカーともども、昨今では五輪予選、ワールドカップ予選を突破するのが当たり前になってしまっている。我々はそれに慣れ過ぎたのかもしれない。男子サッカー界でも、大陸で安定した強さを誇るメキシコやブラジルが予選落ちをささやかれるほど苦しむこともあるのだ。

リオ五輪の予選は、ホームで開催されたという点もあって“通過するのが前提”という向きもあった。もしかしたら、日程もそれを加味していたのだろうか? 初戦のオーストラリアに気持ちよく勝利することを前提に組まれていたのかもしれない。

結果論になってしまうが、初戦あるいは2試合目の相手がベトナムになっていて、そこで6-1の勝利をあげていたらどうだっただろうか? もしかしたら違った未来が見えたかもしれない。

予選は過酷なものだ。1つ歯車が狂えば失敗してしまうし、それはどこの大陸でも珍しくはない。ましてや、男子と違って短期集中の過密日程で大会は行われたのだ。一度崩れてしまった組織を立て直すことはできなかったのだろう。

女子サッカーの世界では、アジア予選は「世界の強豪と連戦」もありえる“魔のデスロード”なのだ・・・ということを我々も知る必要がある。

佐々木監督が8年の間に残した功績は大きい。それゆえ日本は世界でも1、2を争う強豪チームと思われがちだが、そのイメージを作ったのが佐々木監督であったということも忘れてはならないだろう。