女子力って何?男女間で理解に差

写真拡大

「やっぱ女子力高い人と付き合いたいよなー」
「まじか。ウチ女子力全然ないわー」
「えっ、でも自炊とかするんでしょ?女子力高いほうじゃね?」
「いや全然全然。メイクとか下手だし」

カフェやファストフード店などでは最近しばしば「女子力」をめぐり、こんな会話が交わされている。「女子力」という言葉が日常的に使われるようになって久しいが、「そもそも女子力ってなんですか?」と聞かれたとき、あなたは明確に答えられるだろうか?

三井アウトレットパークマリンピア神戸がネット調査

神戸市の三井アウトレットパークマリンピア神戸は20〜49歳の男女500人(男性250人、女性250人)に対して「女子力に関する男女の意識の違い」に関するインターネット調査を行った。その結果から、男女によって「女子力」という言葉の認識に随分差があることが分かった。

まずは「女子力とは何だと思いますか?」という質問について見てみよう。

女性は「マナー」だと答えた人が33.6%、「料理」が28.4%、「美容」が22.8%だった。これに対し男性は「料理」と答えた人が43.6%と圧倒的に多く、次いで「マナー」が24.8%、「美容」を挙げた人は8.8%に過ぎなかった。女性にとって女子力は「マナー・料理・美容」が三本柱となっているが、男性は「料理とマナー」がツートップで、美容はさほど重要視していないことがわかる。

また「女子力=ルックス」と答えた男性の割合を年齢ごとに見ると、30〜34歳の人は2.9%、35〜39歳の人は6.1%、40〜44歳が15.1%、45〜49歳が16.9%と歳が上がるごとにその割合が高まっている。男性は「年齢が上がるほどルックスを重要視する」傾向にあるようだ。

年齢が高い女性ほど「女子力に自信アリ」?

逆に女性は、年齢が上がるにつれて「自分は女子力が高い」と思う人の割合が増えることも分かった。30〜34歳の人で自分の女子力が高いと答えた人は21.1%と最も割合が低いが、35〜39歳、40〜44歳、45〜49歳と上がるにつれて28.2%、29.5%、35.5%と割合が高くなる。歳とともに積み重ねた女性としての経験値が自信につながっているということだろうか。

「女子力を上げるアイテムとして意識しているもの」については男女ともに「アクセサリー」(女性43.2%、男性24.4%)、「リップなど携帯できるケア用品」(女性38%、男性16.8%)を挙げる人の割合が高く、男性も女性も「身に着ける小物が女子力に影響する」という認識を持っていることがわかる。

三井アウトレットパーク マリンピア神戸では2016年3月18日〜4月3日にかけて女子力を高めるイベント「女子力クエスト」を開催する。期間中、館内に今回の調査結果をもとにした女子力に関するクイズを設置。5つの質問を答えた人の中から先着1000人に館内のカフェ「イグカフェ」のケーキの割引特典を用意している。