ファンたちの間で流行っているのが「ココナッツウォーターとのセット注文」

写真拡大

新メニューが発表されるたびに大きな話題となる、はま寿司の本格ラーメンシリーズ。2016年3月3日から発売を始めた「はまぐりの旨だしラーメン」も発売直後にもかかわらず1日2万1000杯を超える注文数を記録したそうです。

1人で2杯以上注文する人も少なくないとか。

すし屋のラーメンがなぜそんなに人気なのか――? その理由を開発担当者に聞きました。

ファンから広まったココナッツウォーターとのコラボ

そもそも今回の「はまぐりの旨だしラーメン」は、昨年も販売していたものの改良版。「もっとおいしく」と、1年前から研究・改良を重ねました。素材にもこだわり、北海道利尻産昆布と今が旬の旨みがたっぷりと詰まったはまぐりをふんだんに使っています。1時間以上かけてだしをとることで、はまぐりの風味と旨みをバランスよく引き出すことに成功しました。

「はま寿司の本格ラーメンシリーズは、毎回売り切れ店舗が続出するなど、お客様の注目度も高い商品です。常に前作を超えるラーメンを目指しています。開発中は、毎日毎日、とんでもない量のはまぐりが積み上げられていました(笑)。はまぐりを惜しみなく使っただしを味わっていただきたいですね」

驚いたことに、ファンたちの間で流行っているのが「ココナッツウォーターとのセット注文」。もちろんココナッツウォーターとラーメンというセットのメニューなどなく、この現象には社員も驚いていると言います。

健康志向のユーザーが、あっさりヘルシーな「はまぐりの旨だしラーメン」とハリウッドセレブにも人気の「ココナッツウォーター」を一緒に注文したことから広まったもの。

回転寿司のレーンを大きなココナッツの実が流れてくる姿は、まるで桃太郎の世界のようで、ちょっと面白い。ヘルシー志向じゃなくても、なんとなく注文したくなってしまうのも分かる気がします。

ココナッツウォーターはネットでも話題となり早々に売り切れてしまったそう。次回販売が待たれます。「はまぐりの旨だしラーメン」も売切れ次第終了。気になる人はお早目に!

詳細は公式サイトから。