日本におけるスニーカーの歴史を解説

写真拡大

インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛けるリットーミュージック(東京都千代田区)は、書籍「東京スニーカー史」を2016年3月25日に立東舎レーベルから発売する。

運動用の靴として誕生後さまざまなカルチャーを吸収し、ファッションアイテムとしても定着したスニーカー。90年代に社会現象とも言えるほどのムーブメントが起きた日本のスニーカー史を中心に、歴史を紐解く。

NIGOさんや藤原ヒロシさんなど人気ファッションデザイナーらの証言をもとに、当時の空気感をリアルに伝えている。

また、アスレチックシューズとしての誕生から進化の過程、史実も紹介。ありそうでなかった"スニーカーの歴史とカルチャー"を解説する1冊だ。

仕様はA5判の208ページで、価格は1500円(税抜)。