写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は3月10日、新型燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」を発売した。

CLARITY FUEL CELLはセダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現。70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、一充填走行距離約750kmを達成した。一回あたりの水素充填時間は3分程度で、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現したとする。また、同日発売の外部給電器「Power Exporter 9000」を組み合わせることで一般家庭のおよそ7日分の電力を供給することができる。

導入初年度は自治体や企業にリースを行い、意見や要望を収集した後に個人への販売を行う予定。参考価格は766万円。

(神山翔)