老舗そば屋「総本家更科堀井」監修のカップそば

写真拡大

日清食品は、カップ麺「老舗の逸品 総本家更科堀井監修 天麩羅そば」を2016年3月14日に全国で発売する。「老舗の逸品」は、長い歴史を持つそば、うどんの老舗が監修するカップ麺のシリーズ。

新製品は、寛政元年(1789年)創業で、227年の歴史を持つ老舗のそば屋「総本家更科堀井」(本店・東京都港区元麻布)の9代目店主が監修するオリジナルメニュー。

のどごしのよいまっすぐなそばに、かつお節とさば節を使用したつゆ。甘みを抑えて醤油の香りと味を際立たせ、店のつゆのキリッとすっきりした味わいを再現している。

具材は、天麩羅、白ネギ。江戸より続く老舗の「やげん堀 七味唐辛子本舗」が調合した特製の七味唐辛子が別添されている。

内容量は98g。希望小売価格(税抜)は205円。