子どもがプログラムして遊べるソニーのおもちゃ「KOOV」

写真拡大

プログラム可能なミニ・ロボットは、ソニー・グローバルエデュケーション社が掲げるSTEM科目(Science【科学】、Technology【技術】、Engineering【工学】、Mathematics【数学】)を教えるための革新的カリキュラムに則った最初の製品だ。

「子どもがプログラムして遊べるソニーのおもちゃ「KOOV」」の写真・リンク付きの記事はこちら

子どもにプログラミングを教育するのが流行っている。「Raspberry Pi」やBBCの「Micro:bit」のようなツールは、子どもが興味を持つ簡単なやり方でプログラミングを教えてくれる。

一方、自分でプログラムをして動かすおもちゃの市場も成長してきている。そのひとつがソニーの「KOOV」だ。

ソニーが3月8日に発表したリリースによると、ブロックを組み立ててつくるこの新しい教育玩具は、「LEGO」とロボット工学、そしてゲームの要素が合わさっており、自由にプログラムして、カスタマイズしたおもちゃをつくることが可能だ。

透明なブロックとマイクロコントローラがセットになっていて、子どもは車などさまざまなおもちゃを組み立てることができる。コンパニオン・アプリでプログラムすれば、つくったおもちゃを動かすこともできる。つまり、簡単なプログラミングを学べるのだ。

こうしたプログラム可能なミニ・ロボットは、ソニー・グローバルエデュケーション社が掲げる世界基準のカリキュラムに則った最初の製品だ。2015年10月に発表されたこのカリキュラム「STEM101」は、「世界中の小学校でSTEM科目(Science【科学】、Technology【技術】、Engineering【工学】、Mathematics【数学】)を教えるための革新的方法」の開発を目指している。

STEM101は、Think(思考力)、Make(創造力)、Feel(探究力)の3つのプログラムで構成されているが、KOOVはそのうち「Makeを具現化」したものだという。

ソニー・グローバルエデュケーションは、アーテック社(本社大阪府)と共同でKOOVの開発を行った。アーテックは欧米ではあまり知られていないが、日本では学校教材を扱う大手メーカーとして有名だ。

「KOOV」の意味については説明が必要だろう。「KOOV」という名前は、この製品が「プログラムをするおもちゃ」だということに由来する。名前もロゴも、「1」と「0」からなるバイナリコードをもとにつくられているのだ。

具体的にいうと、「K」と「V」はプログラミングに使われる「<」「>」を連想させ、また、「Key(キー)」と「Value(値)」を表してもいる。ふたつの「O」は無限マーク(∞)も意味し、「想像力が続く限り、KOOVでは無限の組み合わせが可能だ」ということを表現しているという。

発売は2016年夏の予定。

関連記事:子ども発明家たちがつくった「未来のあったらいいな」

TAG

EducationRobotSonyToyVideoWIRED UK