ホンダが3月10日、独自開発した燃料電池車「クラリティ フューエル セル」の国内リース販売を開始しました。価格は766万円です。

ガソリン車と同等の使い勝手とFCVならではの魅力を高次元で融合、搭載している燃料電池スタックは、従来に比べて33%の小型化を図りながら、出力は従来比で約60%の向上を実現しています。

トヨタ「MIRAI」との違いはパワートレインをV6エンジン並みにコンパクト化してフード内に集約した点で、大人5人が快適に座れるキャビンスペースを確保しています。

HONDA_CLARITY

これにより、一つのプラットフォームでクーペや5ドアハッチバック、SUVなど多彩なバリエーション展開が容易になるという訳です。

バッテリーはボディー中央下部、高圧水素タンクは後部座席の下とトランク部分に収納、FCスタックのスペックは「MIRAI」とほぼ同等ながら、モーターの最高出力は113kWに対して130kWに高められています。

HONDA_CLARITY

水素充填時間は3分程度と、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現しており、航続距離はJC08モードで「MIIRAI」の650kmを上回る750km以上を誇ります。

また、一般家庭のおよそ7日分の電力を供給することができる外部給電器「Power Exporter 9000」を組み合わせることで、「走る電源」として災害時などにクルマが作る電力をコミュニティに提供することが可能。

HONDA_CLARITY

「クラリティ」フューエル セルは自治体や企業などにむけてリース販売を行い、市場における製品の使用状態やユーザーの多様な意見・要望を収集した後に一般販売を開始する予定です。

年内には米国などでも月額500ドル以下でリース販売を開始する模様。

トヨタ、ホンダの両社からFCVが販売開始されたことで、政府が目指す水素社会実現に向けた動きに拍車がかかりそうです。

Avanti Yasunori

HONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITYHONDA_CLARITY

【関連記事】

ホンダから「FCV」登場、温室効果ガス削減に寄与!
http://clicccar.com/2015/12/04/341690/

「COP21」温室効果ガス削減に向けてFCVへの期待上昇!
http://clicccar.com/2015/12/03/341748/

電通の調査で「FCV」が2016年有望商品ランキング首位に!
http://clicccar.com/2015/11/30/341334/

日本はFCV、PHV、EV三位一体で環境対応をリードする!
http://clicccar.com/2015/11/12/339190/

ホンダのFCV(燃料電池車)は非常用電源となる!
http://clicccar.com/2014/02/21/247233/

ホンダが燃料電池車「クラリティ フューエル セル 」を発売開始! 価格は766万円(http://clicccar.com/2016/03/10/359529/)