画像

写真拡大 (全2枚)

 大広とインタレストマーケティング、NTT西日本は、性別や年代情報を識別し広告掲出やサンプリング、SNSでの拡散を実現するO2Oマーケティングツール「プレゼントウォール」を、3月12日より大阪のショッピングモール「KUZUHA MALL」にテスト導入する。

 大広とインタレストマーケティング、NTT西日本は、O2Oマーケティングツール「プレゼントウォール」を、3月12日より大阪のショッピングモール「KUZUHA MALL」にテスト導入する。

 同ツールは、マーケティング・ソリューション、プランニングのノウハウを持つ大広とソーシャルメディアを活用したシステム開発に強みをもつインタレストマーケティング、豊富なICTソリューションの構築・運用実績を持つNTT西日本が共同で開発したもの。

 具体的には、タッチパネル式デジタルサイネージなどを活用し、インタラクティブな広告を掲出できる機能を搭載。また、QRコードなどでサンプル品のクーポンのシェア・拡散を促したり、プライバシーに配慮したマーケティングデータの収集を可能にしている。

 今後、大広とインタレストマーケティングは、同ツールのテスト導入で得た知見を基に改善を行い、収集・蓄積されたデータの解析によって、幅広くソリューションを提案する。また、NTT西日本は、様々なパートナーと共に、店舗以外にも観光や防災、交通・旅行などの様々な場面におけるサイネージを活用したビジネス推進に取り組む。

MarkeZine編集部[著]