ラムちゃんの電撃は伊達じゃない

写真拡大

エースコックは2016年2月22日、「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」を発売した。

「驚き」と「やりすぎ」がモットーのカップめんブランド「EDGE」第8弾。漫画「うる星やつら」の「ラムちゃん」とコラボし、ラムちゃんの電撃をイメージした激辛味に仕上げた。「鬼シビ」という名前の通り、「マジで口内がビリビリする」との声が相次いでいる。

「一昨日食ってから胃がおかしい」

ポークベースのみそスープを、激辛スパイスと激辛調味油で仕上げる。かやくにも唐辛子が使われている。ラムちゃんとのコラボらしくトラ柄のデザインや、「シゲキたりてるっちゃ?」と大きく書かれたパッケージも特長的だ。

激辛好きが買い求めているようだが、ネット上では

「鬼シビラーメンは味がわからん」
「辛すぎて美味しいのかわかんない」
「これ無理だ」

など白旗宣言が続出。

「これはやばかった......ていうか痛かった。むせて鼻に汁が入ったときは涙ぼろぼろ出た」
「むせて唐辛子鼻に入ってかんで出したら鼻の穴めちゃんこ熱くなって咳止まらなくて涙ボロボロ」
「一昨日食ってから胃がおかしい」

と、体に影響が出た人もいるレベルの辛さのようだ。

「他の激辛に比べたら辛くない」と感じたという強者からも、

「痛い!辛いってか痛い!多分コショウ!まじで電撃だわ めっちゃ舌と唇ピリピリする!」

と、その「辛さ」「ビリビリ感」にはお墨付きが得られている。

価格は210円(税抜)。