画像

写真拡大

 電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、チェコのデジタルエージェンシー「Adexpres.com s.r.o.」の買収を発表した。中欧、東欧における電通グループの競争優位をさらに高めることが狙い。

 電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、チェコのデジタルエージェンシー「Adexpres.com s.r.o.」(以下、「アドエクスプレス社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

 アドエクスプレス社はチェコのデジタルエージェンシーで、デジタルメディアに関する戦略策定とプランニング、広告枠の買い付けなどのサービスを専門に提供している。

 今回の買収で電通イージス・ネットワークは、デジタル領域のサービスを強化し、チェコのみならず中欧、東欧における同社グループの競争優位をさらに高めることが狙いだ。今後同社は、アドエクスプレス社を「電通イージス・ネットワーク・チェコ&スロバキア」に組み入れる予定。

MarkeZine編集部[著]