VOCA賞 久門 剛史 HISAKADO Tsuyoshi 「crossfades #3」

写真拡大

上野の森美術館(東京都台東区上野公園内)は2016年3月12日から、「VOCA(ヴォーカ)展2016 現代美術の展望-新しい平面の作家たち」を開催する。3月30日まで。

「VOCA展」は今回が23年目。現代アートの平面作品の分野で将来性のある若い作家の支援を趣旨とし、全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者らが推薦した40歳以下の作家が新作を出品。今回は、33人の推薦者による32人の作品が出品される。

それらのなかで、グランプリとなるVOCA賞に輝いたのは、音や光、立体を用いて、見る者の視点と感度を問うインスタレーションを主に手がけるアーティスト久門剛史さんの「crossfades #3」。奨励賞は鈴木のぞみさんによる写真を用いた作品、佳作賞の大佐竹真紀さんはモニターを用いた作品。

展示のほか、シンポジウムやトークショーなども用意されている。

開館時間は10時〜18時。会期中無休。

入場料は、一般・大学生500円、高校生以下無料。