スズキの小型車戦略を担うべくインドから逆輸入したバレーノ。変化球的な造形の意図はどこにあるのか、担当デザイナーに直撃取材しました。

塚原氏

[語る人]
スズキ自動車株式会社
四輪技術本部 四輪デザイン部
エクステリア課 係長 塚原 聖

──『リキッドフロー』のコンセプトによるボディは、スイフトやイグニスなど、他のスズキ小型車とは真逆の方向性と言えます

「インド市場ではスイフトがかなり普及していますが、ひと回り大きい家族向けのクルマと考えたとき、じゃあここはスイフトと違った表現にしたいと」

──ただ、いきなり様子の違うモデルを出すことにデザイン部では異論がありませんでしたか?

「スズキの軽はバラエティに富んでいますが、小型車も特別決まった方向があるわけじゃないんです。もちろん、初期には現行と兄弟車的な案もありましたが、比較的自然にこの案が選ばれましたね」

スケッチ前2 スケッチ後

──では、フロントから具体的に。ランプは曲面ボディ対して非常にシャープで、かつ3ナンバーの広いフロントフェイスの中では小さい?

「現行車と別方向といってもスズキとしてある程度の共通性は欲しく、ここはスイフトのランプをイメージしました。また、キセノンなど最新技術を表現する意図としてできるだけ『小さく薄く』したかった」

──グリル形状のモチーフは? また、両端をランプまで伸ばす手法(ターボ車)は他社でもやっています

「グリル形状はボンネットからのV字ラインを受けたもので、これがスズキの意匠ということじゃありません。両端の表現は初期スケッチから強く意図されたもので、さらにボディまでつながるのが特徴です。決して他社さんのマネではありません(笑)」

フロント ランプ

──ブラックアウトしたAピラーもスイフト風ですが、この曲面ルーフでは造形上の必然性がないのでは?

「実はボディ色も試しましたが、そうすると前からのラインの流れがルーフとサイドボディへ分散してしまう。今回はサイドへの流れが主役なのでそれはマズイと。また、ボディ色にすると角度から考え直さなくてはいけない」

Aピラー

──キャビンはリアに向けて狭くなり、細いリアピラーも含めて尻つぼみのイメージがあります

「ルーフを下げたのは空力のためです。やはり欧州に出しますので。また、インドなど大陸の市場では陰影の強い存在感が求められますので、じゃあ今回はスイフトやイグニス的ではないクルマらしさを追求しようと。6ライトのキャビンや細いリアピラーはその結果です」

──主役のボディラインですが、フロントからの大きな流れはウインドウグラフィックに収束され、リアへ向けたラインはリアドアから別に始まっています

「この二重構造は当初からの案で、1本のラインがそのままリアへ流れるより、こちらの方が前後でしっかりしたボリューム感が出せるんです。意外な手法ですが、サイド面の収まりもいいでしょう?」

ルーフ サイドライン

──Aピラーの付け根はボディをスッと流さず、わざわざ段差を付けました

「すべてのラインをサラッと流してしまうと、まとまりはよさそうですが退屈な造形になってしまう。この部分はあえて流れを切り、どこか『気にとまる』『引っかかる』形状にしているんです」

ピラー付け根

──リアランプはボディの流れを受けるには小さく、ちょっと弱いのでは?

「初期スケッチには横長の案もありましたが、正直ここはコストの絡みで2分割構造ができなかった。ただ、今回リアパネルにはかなりの張りを持たせ、サイドボディの大きな曲面をしっかり受け止めています。ここは結構自信のあるところなんです(笑)」

リア リア横

──では最後に。異質のバレーノを完成させ、今後のスズキのクルマ作りに影響するようなことはありましたか?

「やはりワゴンRの呪縛というか、空間を意識しすぎていたかなと。インド市場での声を聞くと日本での考えがちょっと特殊に思えたんですね。その点で、キャビンの形状やボディ断面など今後のモデルに影響があるかもしれません」

(すぎもとたかよし)

【関連記事】

スズキ「バレーノ」イグニスに続くコンパクトハッチモデルを発売!
http://clicccar.com/2016/03/09/359432/

スズキの新コンパクトカー「バレーノ」はハイブリッドもあり
http://clicccar.com/2015/09/16/327172/

スズキ理想のグローバル・コンパクト「バレーノ」が間もなく欧州デビュー
http://clicccar.com/2015/08/08/320814/

異質のスズキ・バレーノ ── 今回はスイフトじゃダメだったんです!?(http://clicccar.com/2016/03/10/359475/)