先日行われたヤマハのニューモデル撮影会で「YW125X ビーウィズ」のマットブラックを撮影してきました!

主な車体の構成は「シグナスX-SR」と同様ですが、細かい仕様などが全くの別物でした。

まずいちばん驚いたのはハンドルがクランプ方式だったこと。おまけにナックルガードまで付いています。BW’S125はオンロードだけでなく多少のオフロードも走行できるため、まるでオフ車のような装備!

台湾仕様では純正タイヤはロードタイヤ指定なんですが、日本仕様ではあえてブロックパターンのタイヤを採用。遊べる幅がより広がったというわけです。

前後足回りもしっかり!一昔前のドラムブレーキしか付いていないような125スクーターのイメージはどこにもありません。

イメージが強い二灯のヘッドライトは片目がプロジェクターとなっていて、ハイビームで両方点灯します。

エンジンも125ccとは思えないくらい安心して乗れるパワーがあるとか。

やっぱりマットマットブラックはかっこいいですね!

自分で塗装してマットにすることもできますが、やはり缶スプレーのマットブラックは傷つきやすかったり、ムラが目立ってしまったりと難しい点もあります。それに比べて純正のマット塗装は心配も少ないので安心ですね!

2月10日から既に発売されていますので、気になった方は是非店頭で実車を見てみたり、試乗してみてください!

メーカーHP:YAMAHA BW’S125

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


GoPro HERO4で撮影された2015年ベストムービーがスゴい


■肘擦りはもう古い?!メット擦りをする強者が登場!


バイクの上でヨガ?!ロシアで話題の動画


プールの上でバーンナウト!!テンションの上がり方が異常!


【危険!!】バイクに10人乗りしてウィーリーしてみた

ヤマハの新しい125ccシリーズ、YW125X ビーウィズってどんなバイク?(http://clicccar.com/2016/03/09/356245/)