東邦テナックスの欧州事業会社であるトーホウ・テナックス・ヨーロッパ社(ドイツ・ブッパタール市、以下「TTE」)は、CFRPの一貫生産体制を構築しました。

このCFPR一貫生産体制の完成で、複雑な形状や同一部品の中で厚みの異なるコンポジット部品を金属部品と同様に外観が優れた状態で製造することが可能となります。

この生産体制によるCFRPは、既に欧州の自動車メーカーに採用されており、さらに複数の国内外メーカーとも取り組みが始まっており、東邦テナックスとTTEの両社は、自動車の軽量化のためにCFPRを量産車に普及させたい、としています。

index_pi01

今回のCFPE一貫生産は、ハイプレッシャーRTM成形機を導入し、プリフォームの自動製造プロセス(PvP : Part via Preform)を組み合わせることで可能になりました。

その中核技術であるPvPは、予め熱硬化性樹脂を付着させた炭素繊維(バインダー繊維)をプリフォーム型に吹き付けることで、炭素繊維織物などの中間基材を製造することなく、立体的なプリフォームを自動的に製造する工法です。

PvPによれば、ランダムに配向した繊維と一方向に配向した繊維を組み合わせることができるため、部品の形状や強度など、ニーズに合わせた最適な部品設計が可能になります。

また、これまでCFRP製造で課題となっていた端材の発生を最小限に抑え、部品の製造コストを低減することができます。

(山内 博・画像:東邦テナックス、テイジン)

東邦テナックス、ドイツで熱硬化性CFRPの一貫生産体制を構築(http://clicccar.com/2016/03/09/358597/)