写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アット東京は3月9日、IBMのSoftLayerとのダイレクト接続サービス「プレミアムコネクトfor SoftLayer」の提供を3月10日から開始することを発表した。

「プレミアムコネクトfor SoftLayer」は、SoftLayerの「Direct Link Colocation(DLC)」を利用し、アット東京データセンター内に設置された顧客システムをSoftLayerへダイレクト接続するサービス。

DLCとは、IBMのSoftLayerデータセンターと隣接するデータセンターをダイレクトにつなぐ接続方式である。Direct Linkにはそのほかにも、「Direct Link NSP」と「Direct Link Cloud Exchange」の2種類の接続方式があるが、冗長化できる点がDLCの特長となっている。現在、国内ではアット東京が唯一の冗長構成による接続が可能となっている。

同サービスでは、SoftLayerへの接続に必要となる通信機器(マネージドルータ)もセットにして、フルマネージドで提供されるという。

また、顧客サイトに設置したシステムから専用線経由でSoftLayerへ接続することも可能となっている。

オプションサービスには「バックアップサイトサービス」があり、アット東京のデータセンターが、セコムトラストシステムズとインテックのデータセンターと、広帯域なネットワークで接続されていることから、SoftLayerのバックアップセンターとして利用することが可能となっている。

(石原由起)