ごはんと温泉卵を加えて「混ぜご飯」にも

写真拡大

リンガーハットは2016年3月14日、「500円台メニュー」の第2弾として「まぜ辛めん」を発売する。

「台湾まぜそば」にヒントを得て開発した汁無しのメニュー。

麻婆豆腐や担担麺などの四川料理によく使われる花椒(ファージャオ)を少し利かせた、国産の押し麦を配合した肉みそが特長。さわやかな香りと舌がしびれるような刺激が味わえる。リンガーハットオリジナルのちゃんぽん麺を使用しており、太めの麺に肉みそがよく絡む。また、残ったタレにご飯や温泉卵をトッピングすることで「混ぜご飯」としても楽しめ、二度味わえる。

価格は540円(税込み)。