8日、新年度を迎えた韓国の名門大学2校で教授らの口から相次いで不適切発言が飛び出していると韓国メディアが報じ、物議を醸している。写真は延世大学。

写真拡大

2016年3月8日、新年度を迎えた韓国の名門大学2校で教授らの口から相次いで不適切発言が飛び出したと韓国・ハンギョレ新聞が報じ、物議を醸している。

1例目はソウルの有名私立大・延世大の教授によるこの発言だ。「セウォル号惨事の時、常識のある生徒たちだったら(動かないようにという)放送に従わずに脱出したはず」。先月17日、同大医科大学(医学部)で開かれた新入生オリエンテーションでイ・スンチョル医科大副学長が述べたもので、同大学生会からはすぐさま「セウォル号の被害者を卑下している」と抗議の声が上がった。イ教授は抗議を受け学生への謝罪を約束したものの、先月21日には「皆さん(学生たち)は不都合な真実を受け入れるのが難しいだけだ」と発言し、さらなる反感を買っている。

一方、7日に新年度を迎えたソウルの有名私立大・高麗大のキャンパスには、「講義室に『よくある』女性嫌悪発言の数々」という見出しの掲示物が張り出された。「女の子らしく愛嬌(あいきょう)を振りまいておとなしくしろ」「女は本能的に男の財力に引かれている」など、学生が教授から聞いた「問題発言」を18個並べたものだ。これを目にした学生からは、「応援します」との声がある一方で、「こんな発言を女性嫌悪とまで言えるかな」といった反応も寄せられている。

問題となった両大学は、ソウル大と並びその頭文字を取って「SKY(スカイ)」と呼ばれる韓国でも指折りの名門大学だ。この騒動について、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「常識がある人なら教授を辞めるはずだ!」
「常識があったらこんな暴言を吐かないと思うけど」
「最近は常識も能力もない天下り教授が多い」
「幼稚な教授のせいで大学が恥をかいた」

「おかしくなって自分から罰を受けようとしてるみたいだ」
「延世大ってこの程度だったか?」
「こんな人が教授で、学生たちは何を学ぶんだ?何も学ぶことはないだろう」

「女性嫌悪発言は、むしろ正しいことを言ってると思う。否定できる人はいるかな?」
「はっきり言って、女は貧乏な男には引かれないよね」
「女だけじゃない。男だって同じだよ。それが人間の本能だから」(翻訳・編集/吉金)