中国メディアは9日、「わが軍はかつて、南シナ海の島や岩礁で軍服の着用ができなかった。部隊長は屈辱の1日と語った」と題する記事を掲載した。(写真は新浪網の9日付報道の画面キャプチャー)

写真拡大

 中国メディアは9日、「わが軍はかつて、南シナ海の島や岩礁で軍服の着用ができなかった。部隊長は屈辱の1日と語った」と題する記事を掲載した。

 記事は「だれにも知られずに、国を守っている将兵がいる」と、軍に対する国民の支持を高める狙いの内容だ。時間や場所、氏名がないなど報道としては内容面の欠落が多いが、事実とすれば「領有権争いのある島で軍務に就く軍人に、軍服を着せていなかった」ことを、中国メディアが自ら“自白”したことになる。

 記事の冒頭は、軍の某「首長(ショウヂァン)」の回想で始まる。軍人に対して「首長」の言い方が使われるのは「部隊長」や「司令官」に対してだ。

 「首長」によると、何年も前に南シナ海の岩礁をコンクリートで固めて作った人工島に到着した際には、到着前に秘書官に「この場所で軍服を着てはいけません」と注意された。そのため、白いシャツに着替えて人工島に立った。上空では「某国の偵察機が旋回していた」という。

 「首長」は、「私の一生で最大の屈辱だった」と自分に言い聞かせるように語ったという。

 それから何年もたって、やはり同じ場所を訪れた。今度は航空機で訪れた。今度も機内アナウンスで「軍服を着ているものは現場を離れろ。写真撮影をされるな」との指示があった。しかし「首長」は、その指示は無効と判断した。「今は空中に戦闘機が××機もいる。水上では軍艦が××隻もいて護衛している。君らは心配する必要ない」と言い、その日は軍服を着ていたという。

 それから、「某国」が(実効支配している)島の上に建物を築き、植樹する様子をみたこともある。別の軍人に聞いた話では、中国の漁船が近づくと、大型の探照灯で照らして追い払ったという。

 「首長」は「2015年10月9日に、われわれは海の彼方に見える赤いタワーを仰ぎ見ることになった。私は心の中で戦友を思い出し、『君も見ただろう!』と」と話したという。

 最後の部分は、中国が2015年に実施したスプラトリー諸島(南沙諸島)における大規模な埋め立て工事の完成を描写すると考えられる。それまでの部分も、「人工島」を守備していたとの記述から、スプラトリー諸島が舞台と考えられる。

**********

◆解説◆
 上記記事が事実ならば、中国は南沙諸島の人工島で将兵に軍服を着用させず、民間人に偽装して守備に就かせていたことになる。戦闘行為ではなかったとはいえ「軍務」だ。

 民間人に偽装して各種敵対行為をする将兵は「便衣兵」と呼ばれる。国際法違反であり、捕虜になった場合には正規将兵の場合の「保護される権利」が認められず、処刑されても文句は言えないことになる。

 上記記事は図らずも、国連安保理常任理事国の国民である中国人の「国際法意識」の乏しさを露呈することになった。(編集担当:如月隼人)(写真は新浪網の9日付報道の画面キャプチャー)