2日、大洋網によると、重慶市沙坪ハ区のとあるマンション内の広場で日向ぼっこをしていた75歳の女性に、飛んできたボーガンの矢が刺さるという事件があった。

写真拡大

2016年3月2日、大洋網によると、重慶市沙坪ハ区のとあるマンション内の広場で日向ぼっこをしていた75歳の女性に、飛んできたボーガンの矢が刺さるという事件があった。

事件が起きたのは2月末。女性がマンション内の広場で日向ぼっこをしながら近所の住人とおしゃべりをしていると、突然、胸に痛みを覚えた。とっさに触れてみると、木の枝のようなものが胸に刺さっているようだった。女性がその物体を引き抜いてみると、1本の黒い矢であることがわかった。

近くにいた男性によると、矢は女性が肩にかけたかばんのベルトを貫通して、左胸に刺さっていた。長さは50センチほどでステンレスのようだったという。女性は病院に向かったが、幸い軽傷だった。警察は女性が座っていた位置から最も近いマンションの2号棟から矢が放たれたと見て調べを進めている。(翻訳・編集/北田)