9日、韓国国防部は北朝鮮が「核弾頭を小型化して弾道ミサイルに搭載できるようになった」と主張したことに対し、「北朝鮮には核弾頭を小型化する技術はない」との見方を示した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月9日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国防部は同日、北朝鮮が「核弾頭を小型化して弾道ミサイルに搭載できるようになった」と主張したことに対し、「北朝鮮には核弾頭を小型化する技術はない」との見方を示した。

韓国国防部は同日、メディアに配布した資料「北朝鮮の核弾頭小型化の脅威に対する国防部の立場」で、「国防部は北朝鮮が小型化された核弾頭と弾道ミサイルKN−08の実戦能力を備えていないと評価する」と明らかにした。また、「北朝鮮の4回目の核実験とミサイル開発に対する国連安保理の強力な制裁が施行されている時に、北朝鮮が再びこのような挑発的脅威を加えることは、国際社会に対する許しがたい行為」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「北朝鮮に技術がないという証拠を提示してほしい」

「後でこっそり、『小型化技術を有しているかもしれない』と言い直すのでは?」

「小型化の技術を持っていたらどうする?対策は立てているのか?」

「国防部はなぜそんなに楽観的なの?少し前までは核の保有自体を認めていなかったはず…」

「油断していたら第2の朝鮮戦争が始まるかも」

「それで国民が安心するとでも?北朝鮮の核をすべて没収するまではどんな言葉も必要ない」

「北朝鮮はおそらく核弾頭の小型化に成功した。次は金正恩(キム・ジョンウン)が宇宙に核の花火を打ち上げる。その時も韓国政府は否定するのだろう」(翻訳・編集/堂本)